HOME > NENNTOPIA > 封神演義外伝「清虚道徳真君(せいきょどうとくしんくん)


念能力(特質系)
念効力(物理系)

「莫邪の鳳拳(ばくやのほうけん)

写勁体術の傑物。触れた相手の念能力をコピーする。

インポートとアーカイブは「混元綬」という帯と
「混元旛」という旗を具現化して実行する。

混元綬を拳に巻いた状態で具現化し,
相手に触れることでその能力を記録する。

相手の念能力をインポートするときに,
他のインポート済みの念能力を使うことはできない。

能力を記録した混元綬は混元旛に取り付け,
出し入れ自由に保管する。

能力を使用するときは,混元綬をハチマキの状態で
具現化する。使用する能力は3本まで同時装備可能。

***

元始天尊(→)に学び,青峰山紫陽洞に洞府を構えるが,
市井に下って活動する巡検派の一人。

朝歌に潜入し,処刑された楊任(→)を救出する。

黄天化(→)の養父兼師匠であり,黄飛虎(→)たちの朝歌脱出を
助力するなど,軍閥「五岳」の実質的な後ろ盾として振舞う。


念の系統についての簡単な解説・分析があります・・・
念系統序説を開く



copyright(c) by 茘氏(LYCHEE), all rights reserved.
Warning: It is forbidden to copy or use any of the works on this page.
このページのすべての画像・記事等に対し,複製・掲載・転載等を禁じます。

「念」について,「HUNTER×HUNTER」(集英社・週刊少年ジャンプ)の世界観を援用しておりますが,
当サイトは「HUNTER×HUNTER」の原作者・著作権者とは一切関係ありません。
また,集英社さんからは,権利上の問題はない旨の許可をいただいております。ありがとうございます。